京都府生涯学習スポーツ情報
文字の大きさ 拡大 標準 背景色 黒 白

本文の開始位置です。

華ひらく皇室文化明治150年記念 明治宮廷を彩る技と美

開催趣旨

 2018年は、明治改元から150年にあたり、これを記念して明治期の華やかな皇室文化をテーマに特別展を開催します。
 本展は、明治宮廷前史として幕末から政治の舞台となった京都における天皇と皇室の波乱に満ちた時代から始まります。1869(明治2)年、明治天皇が東京へ移居し、天皇を中心とした近代国家の建設が進められますが、欧米と並ぶ文明国家をめざす明治政府は、欧米諸国との融和を図るため鹿鳴館や明治宮殿で外国使臣をもてなすなど欧化政策をとります。一方で江戸時代から続く日本独自の優れた美術・工芸を世界に発信するため、帝室技芸員制度を作り、その保護・育成にも努めました。京都から多くを輩出した帝室技芸員の貴重な作品からも明治宮廷文化の美と技をご覧いただけます。

連続講演会
①「岩倉具視と幕末の朝廷」 講 師:松中 博(京都市歴史資料館研究員)
日 時:2018年10月13日(土)10:30〜12:00

②「明治期京都の七宝—産業と美術工芸の狭間」 講 師:畑 智子(京都文化博物館)
日 時:2018年10月27日(土)10:30〜12:00

③「帝室技芸員 – その成立と役割」 講 師:塩谷 純(東京文化財研究所文化財情報資料部)
日 時:2018年11月17日(土)10:30〜12:00

※①②③とも会場は京都文化博物館3階フィルムシアター(定員160名)

④音楽会「明治の西洋音楽と皇室」
日 時:2018年10月20日(土)開場13:30 開演14:00出演者:ソプラノ 東朝子、宇田川泰子
女声合唱団「ミルテンクランツ」指揮:成毛敦
ピアノ:藤井いづみ
会 場:京都文化博物館 別館ホール(定員200名)

※①②③④ともホームページより要申込 参加費無料(ただし、本展覧会入場券(半券可)が必要)

詳細情報

時期 2018(平成30)年10月2日(火)〜11月25日(日)
[前 期 : 10月2日(火)-10月28日(日) 後 期: 10月30日(火)-11月25日(日)]
※休館日:月曜日 ※ただし、10月22日(月)は開館
※開室時間:10:00〜18:00 / 金曜日は19:30まで(入室はそれぞれ30分前まで)
場所 京都文化博物館
受講料 一般1,400円(1,200円)、大高生1,000円(800円)、中小生 500円(300円)
※(  )は前売及び20名以上の団体料金。
※上記料金で総合展示とフィルムシアターもご覧いただけます。
※チケットは京都文化博物館、ローソンチケット(Lコード:53433)、チケットぴあ(Pコード:769-225)、 セブンチケット、イープラスほか京阪神の主要プレイガイド、主要コンビニエンスストア
参加可否 可能
問合せ先 京都文化博物館
電話番号: 075-222-0888 
主催 京都府、京都文化博物館、毎日新聞社、毎日放送、京都新聞
URL http://www.bunpaku.or.jp/exhi_special_post/hanahirakukoushitsubunkaten/
資料等

一覧に戻る