京都府生涯学習スポーツ情報
文字の大きさ 拡大 標準 背景色 黒 白

本文の開始位置です。

祇園祭・山鉾巡行の歴史と文化-明治維新と山鉾巡行-

明治維新、それは祇園祭の山鉾巡行にとって大きな危機でした

 京都の歴史とともに現代まで連綿と受け継がれてきた祇園祭は、日本を代表する祭礼として名高いものです。絢爛豪華な装飾品で飾られた山鉾は「動く美術館」とも称され、国内はもとより遠く東アジアや中近東、そしてヨーロッパの美術工芸の粋が集結しています。祇園祭に登場する山鉾は、国の重要有形民俗文化財に指定されているほか、「山・鉾・屋台行事」のひとつとしてユネスコの無形文化遺産にも登録されています。
 祇園祭の歴史は京都の歴史と共にありました。京都は歴史の舞台としてたびたび戦火にみまわれ、その影響は祇園祭の山鉾にも及びました。特に江戸時代末期には、京都は元治元年(1864)の禁門の変と、慶応4年(1868)の鳥羽伏見の戦いの二度にわたって戦場となり、禁門の変では市街地が大火にみまわれ、多くの山鉾が焼失したのです。
 この展示では、今年が明治150年にあたるのを契機として、幕末維新の動乱期に京都と山鉾町が経てきた苦難の歴史を振り返るとともに、その後近代化の波の中で祇園祭の山鉾がいかにして復興を遂げていったのかについて紹介し、山鉾にまつわる歴史や文化の様相に迫ります。

詳細情報

時期 2018(平成30)年6月23日(土)〜8月5日(日)
場所 京都文化博物館 2 階総合展示室「京のまつり」
会場所在地 京都市中京区三条高倉
受講料 一般500円(400 円)、大学生400円(320円)、高校生以下無料
参加可否 可能
問合せ先 京都文化博物館
電話番号: 075-222-0888 
主催 京都府、京都文化博物館
URL http://www.bunpaku.or.jp/

京都文化博物館 2 階総合展示室「京のまつり」の地図

一覧に戻る