京都府生涯学習スポーツ情報
文字の大きさ 拡大 標準 背景色 黒 白

本文の開始位置です。

定家撰「百人一首」の歌人たち

定家撰「百人一首」の歌人たち

歌人たちの姿にふれる

現代人に好まれ読まれている古典文学作品は、現存する作品の中のほんの一部です。定家撰「百人一首」は、その数少ない作品の一つです。「この作品が何故好まれるのだろう」と、その理由を考えても、明確な答えは出せないでしょう。今回は、定家撰「百人一首」に収録された歌人たちの詠を鑑賞しながら、歌人たちがそれぞれの時代をどう生きたのか―その姿に注目しようと思います。

京都文教短期大学教授、 佛教大学講師 千古 利恵子

テーマ
定家の息・為家
講師
千古 利恵子 (京都文教短期大学教授、 佛教大学講師)
内容
定家は、『古今和歌集』以下『新古今和歌集』までの8つの勅撰和歌集から歌を撰んで「百人一首」の草稿といわれる『百人秀歌』をまとめました。「百人一首」と『百人秀歌』とを比べると、違いがあります。その違い」について考えます。
開講日時
2018年5月24日(木曜)  13:00~14:30

テーマ
万葉歌人・山部赤人と大伴家持
講師
千古 利恵子 (京都文教短期大学教授、 佛教大学講師)
内容
我が国最初の和歌集『万葉集』は、後の歌集や歌人たちに、さまざまな影響を与えました。しかし、万葉歌人については、その姓名さえも曖昧で他の人と混同されていることもあります。このようなことが赤人や家持には起こっていないか、定家撰「百人一首」収録歌を鑑賞しながら、調べてみます。
開講日時
2018年6月28日(木曜)  13:00~14:30

テーマ
人麿と六条藤家歌人・顕輔
講師
千古 利恵子 (京都文教短期大学教授、 佛教大学講師)
内容
万葉歌人・人麿は、六条藤家にとって特別な存在でした。顕輔は、人麿にどのような思いを持っていたのか、考えます。また、定家撰「百人一首」に収録された顕輔の詠が、当時どのように評価されていたのか、ということも考えます。
開講日時
2018年7月26日(木曜)  13:00~14:30

テーマ
藤原顕輔と清輔の親子
講師
千古 利恵子 (京都文教短期大学教授、 佛教大学講師)
内容
六条藤家の当主である顕輔とその後継者・清輔は、親子でありながら難しい関係でした。二人の関係が、歌人としての人生にそれぞれのどのような影響を及ぼしたのか考えます。また、定家撰「百人一首」に収録された詠を比較しながら、詠歌姿勢の違いにも注目します。
開講日時
2018年8月30日(木曜)  13:00~14:30

テーマ
源俊頼と藤原基俊の和歌志向
講師
千古 利恵子 (京都文教短期大学教授、 佛教大学講師)
内容
源俊頼と藤原基俊の二人は、多くの歌人を指導しています。詠歌の指導は、当時の貴族たちに必要な教養の修練にも役だっています。定家撰「百人一首」に収録された詠を比較しながら、歌人としての力量と二人の指導法の違いを考えます。
開講日時
2018年9月27日(木曜)  13:00~14:30

詳細情報

時期 全12回 毎回木曜日 13:00~14:30
場所 佛教大学四条センター
会場所在地 京都市下京区四条烏丸北東角 京都三井ビルディング4階
定員 150名(先着受付)
受講料 1回 1,000円
参加可否 可能
問合せ先 佛教大学四条センター
電話番号: 075-231-8004(代表)
ファクス: 075-231-8437
問合せメール busec@bukkyo-u.ac.jp
URL http://www.bukkyo-u.ac.jp/facilities/shijo/course/detail/689/2018/5/

佛教大学四条センター の地図

一覧に戻る