京都府生涯学習スポーツ情報
文字の大きさ 拡大 標準 背景色 黒 白

本文の開始位置です。

京都の自然環境と文化

京都を襲った水害と台風 -京都人はいかに対応したか-

京都を襲った昭和10年の大水害および昭和9年の室戸台風の二大災害を取り上げ、被害とその発生要因、復興過程および今日への影響を明らかにします。そして、京都人はいかに対応したのかの視点から自然災害の特徴および災害と人間との関係を考えます。

テーマ
京都を襲った自然災害と環境 
講師
植村 善博 (佛教大学名誉教授)
内容
平安遷都以来、京都では疾病、水害、地震、火災などがくり返し発生、そのたびに多くの人的・物的被害を受けてきました。京都の災害史を通して京都の発展と災害との関係、京都人の対応ぶりを考えます。
開講日時
2018年5月22日(火曜)  10:30~12:00

テーマ
京都大水害の被害と発生要因
講師
植村 善博 (佛教大学名誉教授)
内容
昭和10年6月29日の大水害は梅雨時の異常降雨により発生しました。鴨川や天神川の氾濫による被害の実態や地域ごとの特徴を明らかにしていきます。そして、将来に発生が予想される被害と洪水への対策を考えます。
開講日時
2018年6月19日(火曜)  10:30~12:00

テーマ
京都大水害の影響と鴨川改修
講師
植村 善博 (佛教大学名誉教授)
内容
京都市域の3分の1が浸水したこの水害は社会や生活にどんな影響を与えたのでしょうか。また、鴨川の改修事業を中心に復旧作業や復興はいかにおこなわれたのかを考えます。
開講日時
2018年8月21日(火曜)  10:30~12:00

テーマ
室戸台風による学校の被害と復興、記念碑-京都市内の事例-
講師
植村 善博 (佛教大学名誉教授)
内容
昭和9年9月21日早朝、最大級の台風が京都を通過し多大な被害を与えました。とくに、小学校の校舎が倒壊し多くの児童と教員が亡くなりました。市内の小学校での被害の具体的状況と復興、慰霊行事や記念碑の建立について考えます。
開講日時
2018年9月18日(火曜)  10:30~12:00

詳細情報

時期 全6回 毎回火曜日 10:30~12:00
場所 佛教大学四条センター
会場所在地 京都市下京区四条烏丸北東角 京都三井ビルディング4階
定員 150名(先着受付)
受講料 1,000円
参加可否 可能
申し込み方法 当日受付にて
問合せ先 佛教大学四条センター
電話番号: 075-231-8004(代表)
ファクス: 075-231-8437
問合せメール busec@bukkyo-u.ac.jp
URL http://www.bukkyo-u.ac.jp/facilities/shijo/course/detail/680/2018/05/

佛教大学四条センターの地図

一覧に戻る