京都府生涯学習スポーツ情報
文字の大きさ 拡大 標準 背景色 黒 白

本文の開始位置です。

西郷隆盛と明治維新

西郷隆盛は、日本史上、最も有名な人物です。しかし、その生涯は意外なほど、謎に包まれています。正確な顔写真さえ残りません。若い時には、2度にわたって島流しにされました。元治元年(1864)からは、大久保利通とコンビで、薩摩藩在京指導部として、京都で政治活動に専念しましたが、やがて戊辰戦争(1868)ののちは鹿児島に引きこもり、明治政府に出仕した期間もわずかでした。波乱に満ちた生涯を、10回にわたって追ってみましょう。

佛教大学歴史学部教授 青山 忠正

テーマ
斉彬との出会い
講師
青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)
内容
西郷が、一生を通じて、恩人と仰いだのは、11代藩主斉彬でした。斉彬は江戸で、13代将軍の跡継ぎをめぐる運動に携わり、老中阿部正弘とも深い交わりを持ちます。西郷は、この斉彬に引き立てられたのです。
開講日時
2018年5月25日(金曜)  13:00~14:30

テーマ
安政の大獄と奄美大島流罪
講師
青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)
内容
斉彬の命で、西郷が関わった将軍継嗣運動は、大老井伊直弼による反撃で失敗に終わり、その弾圧を受けるなかで、斉彬は安政5年(1858)に急死してしまいます。西郷は、入水しますが蘇生し、奄美大島に流されました。
開講日時
2018年6月29日(金曜)  13:00~14:30

テーマ
京都の政局へ乗り出す
講師
青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)
内容
西郷は文久2年(1862)、奄美大島での流罪を解かれますが、「国父」島津久光と対立して再び島流しにあいます。元治元年(1864)には許されて、京都にのぼり、禁門の変、さらには第1次長州征伐の中心人物となります。
開講日時
2018年7月27日(金曜)  13:00~14:30

テーマ
薩長盟約
講師
青山 忠正 (佛教大学歴史学部教授)
内容
長州側と接触する過程で、西郷は、新たな政治構想を築くようになります。その現れが、長州藩との政策提携です。結果として、慶応2年(1866)正月には、木戸孝允との間に、薩長盟約が結ばれるまでになりました。
開講日時
2018年9月28日(金曜)  13:00~14:30

詳細情報

時期 全10回 毎回金曜日 13:00~14:30
場所 佛教大学四条センター
会場所在地 京都市下京区四条烏丸北東角 京都三井ビルディング4階
定員 150名(当日先着)
受講料 1回 1,000円
参加可否 可能
申し込み方法 当日受付
問合せ先 佛教大学四条センター
電話番号: 075-231-8004(代表)
ファクス: 075-231-8437
問合せメール busec@bukkyo-u.ac.jp
URL http://www.bukkyo-u.ac.jp/facilities/shijo/course/detail/688/2018/05/

佛教大学四条センターの地図

詳細情報

備考 休館日
日曜・祝日・大学ならびに当センター指定日(夏期(お盆)・年末年始・大学創立記念日(10月23日)・祇園祭山鉾巡行日(7月17日・24日)など)

一覧に戻る