京都府生涯学習スポーツ情報
文字の大きさ 拡大 標準 背景色 黒 白

本文の開始位置です。

京都を学ぶセミナー 洛北編 京都学・歴彩館

URL http://www.pref.kyoto.jp/rekisaikan/event/manabuseminar-rakuhoku.html
内容 第8回「江戸時代の岩倉長谷村と天皇・朝廷」
講師:京都府立大学文学部 准教授 東 昇(ひがし のぼる)氏
日時:平成29年10月24日(火)13時から14時30分
会場:京都府立京都学・歴彩館 大ホール
定員:400名(参加費無料 当日受付)

第9回「平安貴族別業の里 小野」
講師:京都ノートルダム女子大学 生活福祉文化学部 教授 鳥居本 幸代(とりいもと ゆきよ)氏
日時:平成29年11月21日(火)13時から14時30分
会場:京都府立京都学・歴彩館 大ホール
定員:400名(参加費無料 当日受付)

第10回「洛北のお正月-雑煮と納豆餅-」
講師:京都府立大学 共同研究員 (大阪府立大学人間社会学部 教授) 中村 治(なかむら おさむ)氏
日時:平成29年12月19日(火)13時から14時30分
会場:京都府立京都学・歴彩館 大ホール
定員:400名(参加費無料 当日受付)

★ミニ講座 (毎週木曜日 13時30分~14時00分)【予約不要】
平成29年10月「日記を書く貴族たち-平安貴族の日常を垣間見る」 吉岡 直人(京都学推進課)
【開催日】 5日 12日 19日 26日 
いわゆる国風文化を生み出した平安時代。その時代に生きた平安貴族たち。賀茂祭の行列を見物したり宴会を開いたりと、煌びやかで優雅な生活ばかりが目に浮かびます。しかし、彼らも古代国家を支えた官僚でありました。彼らは日々どのような生活をしていたのでしょうか。貴族が書いた日記から彼らの日常にせまります。

平成29年11月「墨匠・古梅園と京都」 的場 美帆(京都学推進課)
【開催日】 2日 9日 16日 30日
奈良の老舗墨屋である古梅園は、京都に支店があります。本店には今も江戸時代の資料が多く残されていますが、その大半は墨づくりに関するものです。それらの資料から、古梅園がどのようにして幕府や朝廷の御用達になったのかをお話しします。

詳細情報

場所 京都学・歴彩館
会場所在地 京都市左京区下鴨半木町1-29
参加可否 可能
問合せ先 京都学・歴彩館
電話番号: 075-723-4831

京都学・歴彩館の地図

一覧に戻る