京都府生涯学習スポーツ情報
文字の大きさ 拡大 標準 背景色 黒 白

本文の開始位置です。

人とどう向き合うか 人と向き合う「場」について考える

URL http://www.bukkyo-u.ac.jp/facilities/shijo/
内容 人と向き合うことを考えましょう。人と向き合い、受けとめ、関わって、共に生きる「場」を開くことを考えてみたいと思います。日々、私たちは多くの人と出会い、受けとめ、関わっています。でも、その関わり方は、どんなものでしょうか?好きな人と嫌いな人とで、その関わり方は、違うはずです。もっと深く関わりたい人もいれば、避けたい人もいるでしょう。でも、好き嫌いや関わりやすさは、自分の受けとめ方の問題でもあります。だとすれば、自分の受けとめ方を変えれば、人との関わり方も変えて行けるはず。
自分の周囲を肯定的に受けとめ、多くの人を信頼することができれば、毎日は今以上に過ごしやすいものになるでしょう。<人と向き合う「場」を考える>12回を私といっしょに進めましょう。

京都文教短期大学教授 森川 知史

テーマ
現代・未来のコミュニケーション
講師
森川 知史 (京都文教短期大学教授)
内容
戦後日本の復興は目覚しいものでした。都会化が急激に進み、多くが機械化され、メディアが高度に発達・普及して、あらゆるものが商品化したことで、社会はどのように変化したでしょうか?この急激な変化は、私たちのコミュニケーションや人間関係にも多大な影響をもたらしました。ここでは、便利さ・効率性・合理性を追求してきた私たちの社会の変化が、私たちの人間関係をどう変えてきたのか、そして、今後も進むであろう変化の中で、私たちがどうすればいいのかを考えたいと思います。
開講日時
2017年8月3日(木曜)  15:30~17:00

テーマ
聴く姿勢で向き合う
講師
森川 知史 (京都文教短期大学教授)
内容
都会化・メディア化・商品化が進行し、便利さ・効率化・合理性を追求してきた結果、私たちの対人関係は多種多様化し、複雑になっています。そんな現代社会の中で私たちはどう生きればよいのか、子どもたちをどう育てればよいのか、もう一度人間関係の原点に立ち戻って考えてみる必要はないでしょうか?ここでは、「聴く」姿勢のあり方を問いなおし、人を肯定的に受けとめることから始まる人間関係について考えましょう。向き合うときにできる「場」について考えましょう。
開講日時
2017年9月14日(木曜)  15:30~17:00
時期 毎回木曜日 15:30~17:00

詳細情報

場所 佛教大学四条センター
会場所在地 京都市下京区四条烏丸北東角 京都三井ビルディング4階
定員 各回 150名(当日先着順)
受講料 1回 1,000円
参加可否 可能
申し込み方法 当日会場にて申込み
問合せ先 佛教大学四条センター
電話番号: 075-231-8004(代表)

佛教大学四条センターの地図

一覧に戻る