京都府生涯学習スポーツ情報
文字の大きさ 拡大 標準 背景色 黒 白

本文の開始位置です。

京の寺社と街かど探訪 SeasonⅣ

URL http://www.bukkyo-u.ac.jp/facilities/shijo/course/detail/601/2017/07/
内容 ちょっと気楽な街かど散策、そして身近な小旅行をコンセプトに、引き続き「京都」を愉しむ手掛かりを探ります。昨年度は、「通り」をテーマに街を横断。本年度は…お察しの方もおられると思いますが、南北(縦)の「通り」を幾つかピックアップしてみます。旅行デザイナーの前田と仏教美術史を専門とする熊谷が、歴史や文化への視点を織り交ぜながら、それぞれのフィルターを通して観た京の風景をご紹介。例によって、道くさご容赦下さいませ。

海外文化・秘境の旅デザイナー 前田 雅彦
佛教大学総合研究所特別研究員、 佛教大学講師 熊谷 貴史

テーマ
東大路通① ―「通り」の概要と寺社めぐり―
講師
熊谷 貴史 (佛教大学総合研究所特別研究員、佛教大学講師)
内容
平安京造営時には洛外に位置するも、東山エリアの趨勢とともに、いまや京都を代表する通りとして知られる東大路通。北は北大路通から南は九条通まで、中ほどは季節を問わず混雑必至の主要な通りです(歩いた方が早い!こともしばしば)。これまで本講座でご案内した視点をクロスさせつつ、寺社を中心に縦断してみましょう。
開講日時
2017年8月19日(土曜)  13:00~14:30

テーマ
東大路通②―東大路通の歴史
講師
前田 雅彦 (海外文化・秘境の旅デザイナー)
内容
東大路通のもとは、白川から祗園石段下に抜ける小堀通です。大正年間には東山通と名を変えました。知恩院、知恩寺、八坂神社、清水寺等々有名寺社が連なり、京大周辺は火災瓶が飛び交う京のカルチェラタンと化した時代もありました。東大路通の表と裏をお話し致します。
【10/7の臨地ゼミナールについて(事前申込制)】
定員:20名(参加者多数の場合抽選)
2017年10月7日に実施予定の臨地ゼミナールは事前申込制で開催いたします。
詳細については9月16日の講座の中で説明し、受付を講座終了後にいたします。
臨地ゼミナールだけの参加はできません。
開講日時
2017年9月16日(土曜)  13:00~14:30
時期 毎回土曜日 13:00~14:30

詳細情報

場所 佛教大学四条センター
会場所在地 京都市下京区四条烏丸北東角 京都三井ビルディング4階
定員 各回 150名(当日先着順)
受講料 1回 1,000円
参加可否 可能
申し込み方法 当日会場にて申込み
問合せ先 佛教大学四条センター
電話番号: 075-231-8004(代表)

佛教大学四条センターの地図

一覧に戻る