京都府生涯学習スポーツ情報
文字の大きさ 拡大 標準 背景色 黒 白

本文の開始位置です。

さがそう、定家撰『百人一首』の魅力

URL http://www.bukkyo-u.ac.jp/facilities/shijo/course/detail/613/2017/05/
内容 さがそう、定家撰『百人一首』の魅力

―宗祇はどこに注目したのか?―

定家が撰んだ『百人一首』は、現代人にも馴染み深い古典文学作品の一つです。この作品は、定家の子孫が歌道家として繁栄するために重要な意味を持っていました。でもそれ以上に、和歌を詠む人々や歌学を研究する人々に様々な影響を与えました。その結果多くの注釈が試みられ、「注釈書」として纏められ今に伝えられています。『百人一首抄』は宗祇が試みた注釈です。宗祇の注釈をよみながら、一首一首の魅力をもう一度さぐろうと思います。

京都文教短期大学教授、佛教大学講師 千古 利恵子

テーマ
『百人一首抄』をよみましょう
講師
千古 利恵子 (京都文教短期大学教授、佛教大学講師)
内容
天智天皇「あきのたの」の詠から小野小町「はなのいろは」の詠に付された注釈を読みます。各歌人の経歴にふれながら、宗祇が注目した点を明らかにします。
開講日時
2017年5月25日(木曜)  13:00~14:30

テーマ
『百人一首抄』をよみましょう
講師
千古 利恵子 (京都文教短期大学教授、佛教大学講師)
内容
蝉丸「これやこの」の詠から伊勢「なにはがた」の詠に付された注釈を読みます。各歌人の経歴にふれながら、宗祇が注目した点を明らかにします。
開講日時
2017年6月29日(木曜)  13:00~14:30
時期 全6回 毎回木曜日 13:00~14:30

詳細情報

場所 佛教大学四条センター
会場所在地 京都市下京区四条烏丸北東角 京都三井ビルディング4階
定員 各回 150名(当日先着順)
受講料 1回 1,000円
参加可否 可能
申し込み方法 当日会場にて申込み
問合せ先 佛教大学四条センター
電話番号: 075-231-8004(代表)

佛教大学四条センターの地図

一覧に戻る